読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

母と中高生のアイデアプレゼンを見に。

私と娘は雪山に行かない3連休。さて何をするか。

土曜日、家の掃除をし、母に泊まりにおいでよとお誘い。娘が塾の土曜の夜は、母とワイン片手に久しぶりに2人で飲みました。子供の教育の事、家族の事、生き方について。ネタは尽きず。

翌日、娘を塾に送り出し、ナレッジシアターで開催されたアワードの中高生部門の公開プレゼンテーションを母と見に。ほんとは娘と行きたかったけど、仕方ないと思って1人で申し込みをしてたのです。

テーマは「未来の仕事を考える」。中高生合わせて4600応募からの14名の発表。いやー、面白かったー。

私の中でのNo.1は、世界の食糧問題解決策として昆虫を養殖し加工する「養昆虫業」の中学生男子のアイデア。発想の面白さ、課題解決への実行可能性のあるアプローチ。本人が昆虫好きという、なんとも良い味を出してる発表者の彼の雰囲気。

蟹風味、トロ風味、エビ風味と言われる昆虫達で、見た目も加工技術を駆使して回転寿司を実現できますよね〜〜というアイデアは最高でした。

他にも、気候問題解決の為の「雲操縦士」のアイデアも新鮮だったなぁ〜〜。

高校生は、テーマが「未来のわたしの仕事」だったので、発想が想像の範囲を超えない部分があったかな。ちょっと物足りず。

しかし、発表者14名中、男性3名、、にもびっくりしました。。。女子の時代だな!

子供の教育の方向性のヒントが少し見えた気がして、楽しかったです。