千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

母と永平寺の参禅体験

参禅体験に永平寺へ。

毎年の母の誕生日祝いの旅行。滋賀でお墓参りのあとの移動は限られるなぁ〜と考えつつ、なんとなくの母との会話から今回、ピン!と来て、問い合わせして、直前に一気に予約がとれた!

なぜ一気に予約までできたのかは、ほんとタイミング。2ヶ月前にも京都で座禅体験しており、座禅が奥深い味わい深い体験だったこと、母も昔の商社時代に新卒研修で永平寺で修行体験したことがあって「素晴らしかった」と懐かしんでいたこと。伝統の価値に興味が湧いている中、体験したいと思ったら行動するべき、と改めて心で決めていたこと、などなどで、即断即決。ラッキーも重なって。機会は掴みに行くものですなー。直感に従って「逃したら後悔する」とうい事に、動いて後悔はないな。

 

車飛ばして、お墓掃除に汗だくになった後に、永平寺まで。14時半到着を目指して、母とたくさん喋りながら移動しました。今はこれが普通だけど、できる時に親孝行したいもんね。。

 

禅の町看板あらわる!

f:id:chizukichizuki:20220913210449j:image

到着していちど門まで行くも、門前通りのお土産屋さんパーキングは一泊は受け付けてくれず、少し下の永平寺の駐車場に停める。

荷物を持ってお寺まで登るのが、荷物4個持ちの母との移動で大変でしたわ。。汗だく2回目。
f:id:chizukichizuki:20220913210429j:image

浸ってる暇もなく、15時に到着してくださいと言われているのに、15時5分前に総受付到着って、ギリギリ。。ほんと、やばかったー。お坊さんがホテル受付並みの対応で、パソコンを前にクレジット決済の受付をされる様子に、なんとも言えない異世界感が漂う。

 

お部屋への案内も修行僧。バタバタとお部屋へ行く前に、こちらのスケジュールを案内される。あと10分で集まってね、と。怒涛のスケジュールやな。。できるん、これ。私はともかく、70代母大丈夫か?と思いつつ。ついてこれなければ、部屋で休憩していてもらうしかないな、と。
f:id:chizukichizuki:20220913210444j:image

お部屋は綺麗で広い!そして、緑が美しい〜。トイレやテレビはない。あったかいお茶ポットが嬉しかった。
f:id:chizukichizuki:20220913210446j:image

ここから写真などない。早速、座禅修行が始まりました。参加者は全員で4名。皆女性。

 

カバンに水筒や携帯や財布などを入れて集合したらお坊さん(雲水さん)に「何を持参されるのですか?」と聞かれ「今から座禅ですので、何も持たずに来てください」といなされる。言われた通りに、そそくさと荷物を部屋に戻し、部屋の鍵だけ持っていきました。母はそれでも、咳が出たら不安!だとタオルやお茶は手放せなかったみたい。まぁ、なにも持たずに知らない部屋にいくって、普段の生活ではないもんなぁ。

 

別の階に行くまでにも所作だらけ。スリッパの音はなるべく立てず、一列に。室内を歩く時の手の組み方「叉手(しゃしゅ)」も学ぶ。1回目の座禅はさまざまな所作を注入される。情報量が多くて大混乱。所作の型を身につけることで必死になって考えられない。もしや、これが狙いなのか!

2ヶ月前に、京都の勝林寺で座禅体験した時と宗派は違うのはもちろん、異なる空気感。

 

行く前に見ておくとラクかも。私はもちろん見てなかった!→ https://www.sotozen-net.or.jp/propagation/zazentop/saho

 

座禅用の座布団が独特で丸い!坐蒲(ざふ)と言うのだそう。ここから濃密に何度もザフと向き合うことになりました。

 

少し薄暗い禅堂に入って、荷物を置き、手を組みながら歩き、文殊菩薩様に合掌。シャシスタイルで自分の場所まで行く。挨拶をして、スリッパを脱ぎ揃え、ザフをまわしザフを寄せて神聖なヘリにはなるべく触れないようにして、後ろ向きでぴょんと軽快にザフにのれる!、、はずもなく。のれるかー!!と心の中でツッコミながら、ドスンと床にお尻をついたり誤魔化そうとしたり。なかなかオモロい光景なんだろな。

そして、独特だったのは「面壁(めんぺき)」です。壁に向かって座禅組むんだわ。私はちょうどしょうじ紙と柱の前後差のある位置で視点が定まらなかった。2回目から、ザフ位置から調整する事に成功(^^)

 

まぁ、上手くはいかないけれど、雲水さん(知らなかった、、修行僧の方々の事をうんすいさんと言うのですね)の案内に必死でカラダと行動をあわせていく。

誰かの言う通りにひねくれることなく従うしかない状況って、なかなか無い体験。

バリウム飲んだあとに、技師さんに「はい右まわり、次左向いて〜!」と言われて無我夢中で従う感覚を、思い出した。あれは屈辱的だけど。

 

母は71歳、ほんと頑張ってよくついてきてた。座禅はカラダが硬くてくめず、あぐらになってて後で爆笑してたし、その時も笑えたけれど。だって膝と腰の3点で支えるところを、かかとと腰の3点で支えてるって、コントやんか。

座禅中は呼吸に集中と言われても、隣の母の呼吸音が(ため息なのか口呼吸気味なのかわからん)激しすぎて、そっちに集中してしまうなど。

私は私で、足を片方だけでも組む事ができたらよかったけど、難しくて噛まずに折り畳むなどしてた。

1回目 腰の位置、体の軸、首の位置、目線、腹式呼吸への集中など出来ず。15分終了(あとで時間をしる)

明るい時間帯。

 

続いて2回目 30分くらい

長い、、めっちゃ長い、、眠くなったりで集中出来ず。

そして、夜ご飯〜

これは、館内の絵
f:id:chizukichizuki:20220913210438j:image
f:id:chizukichizuki:20220913210425j:image

夜のお食事がとても美味しかった!!もちろん修行僧の方々が作ってくれている一品。

全て薄味で素材の旨味をしっかり感じる。かと言って、一緒くたに煮ておらず、美しい盛り付けと共にひとつずつ丁寧に仕上げららていて。雲水さん達が大量に作っているはずなのに雑じゃない。

胡麻豆腐も味噌がかけらしか入ってないし、少なすぎてわらえるくらい。

食べる前に色々と雲水さんが話をしてくれるのだけど、「私たちは夜は一汁二菜です」といわれてもつらいわ笑。もちろん、食事中の所作もしっかりとやりつつ聴きつつで、そんなこと言われたら、贅沢してるみたいで申し訳ないやんかーと心でツッコミつつ。

 

昆布をあげたもの、デザートのお饅頭。


f:id:chizukichizuki:20220913210431j:image

教えの記入された箸紙
f:id:chizukichizuki:20220913210441j:image

夜ご飯をいただいたのち、お風呂へ!なんと、45分くらいしか時間ないっす。

お坊さんはハゲでいいけど、私ら髪の毛あるんですけど、、と言いたかったわ。(言いません)

肌断食してて石鹸シャンプーの人間ですけどてんやわんや。

 

その後、必死で髪を乾かし茶話会と3回目座禅へ。

茶話会は、調息、調身、調心の説明を聞きつつ「あれ、漢字が浮かばない」(^^;;と何度も言われてた和尚さんだけど、座禅のお話をしていただき3回目座禅に役立ちました。

 

3度目の座禅、あれは良かった。約40分程度、ご飯もお風呂も終えてからの。ゾーンに入った感じ?あ、これだ、この呼吸と今に集中できている状態サイコーー気持ちいいーー!となりまして。あの感覚を再度味わいたいけど、なかなか身体の軸が完璧に整うことって難しい。

 

夜はなんと9時消灯(^^)。3時半に起床だし、強引に寝るしかない!!!

翌朝、起きて座禅!ザフなら座りが悪く、ゾーンには入らなかったけれど、少しコントロールできる状態まで。

 

これは朝ごはん。お粥が何より大事みたいです。お箸の向きもお箸を洗うなどの所作も知る。、
f:id:chizukichizuki:20220913210435j:image
f:id:chizukichizuki:20220913210422j:image

 

そして、永平寺の中を移動し、あさのお勤め。それはそれは荘厳で美しい念仏ハーモニー。100人以上の僧侶の方々の移動、姿勢、ものの受け渡し方法など新鮮でした。

江戸幕府のアートパトロン岡田なさ

f:id:chizukichizuki:20220913210541j:image
f:id:chizukichizuki:20220913210551j:image
f:id:chizukichizuki:20220913210545j:image
f:id:chizukichizuki:20220913210548j:image

ひとり旅東京

内から湧き出る欲求はないんか?

何かしたいことないの?夏休み?

 

と、親から見れば中だるみ万歳の中3息子に聞いてたら

 

カービィカフェに行きたいという。

東京へ。

 

ぐっと「東京なら私も行きたいわっ!!!」と言うのを堪えて、夫婦で悩んだあげく、東京日帰りひとり旅させる事に。

全て自分で調べて、親には協力を申し出てもらうように仕向けた。がそんなに思う通りに動くなら、こんなことにはなってない。

近視眼的なアホな判断をしてしまいがちな息子に、アドバイスしすぎてしまうところもあったけれど、、、ひとりで行って、ひとりで帰ってきましたよ。少しは本人の糧になっているといいなぁ。

背丈は大きくなったけど、頼りないったら。。15歳なんてそんなもんか。

人生の中の色々初体験ですな。

 

行きは、梅田からバス。コロナ7波の折、息子はまだ罹っておらず。心配も嵐、3列シートにした。バスターミナルまでは父が送っていくことに。22時半だし、何かあっても困るし。枕膨らませて耳栓して、ガッツリ支度して寝る人たちをみて「バスのガチ勢がいる(゚o゚;;!」と思ったらしい。

 

目的地はスカイツリー。とりあえず東京駅についてから、浅草寺に行ったみたい。エリア的にそのへん。

 

息子の切り取る東京はなかなか興味深い。6時半ごろの浅草寺

f:id:chizukichizuki:20220829011631j:image

餌もあげてないのに寄ってきた、えぐい数の鯉。
f:id:chizukichizuki:20220829011618j:image

どうやったら鼻の穴に手を入れて撮影できるか考えたって。狛犬
f:id:chizukichizuki:20220829011625j:image

自動販売機の数に驚いたようです。
f:id:chizukichizuki:20220829011622j:image

看板の裏のステッカーが面白かったと。
f:id:chizukichizuki:20220829011634j:image
f:id:chizukichizuki:20220829011628j:image

提灯のおしり
f:id:chizukichizuki:20220829011638j:image

中学生には嬉しいね

f:id:chizukichizuki:20220829011827j:image

わけわからんと撮影
f:id:chizukichizuki:20220829011821j:image

朝の墨田水族館
f:id:chizukichizuki:20220829011817j:image

東京スカイツリーに登った
f:id:chizukichizuki:20220829011833j:image
f:id:chizukichizuki:20220829011830j:image
f:id:chizukichizuki:20220829011810j:image

秋葉原のゲームセンター
f:id:chizukichizuki:20220829011824j:image

全部音ゲーコーナー
f:id:chizukichizuki:20220829011813j:image

最後は池袋のアニメイトになんか買いに行ったらしい

f:id:chizukichizuki:20220829011903j:image

渋谷も原宿も新宿も銀座も見てきてほしかったけれど、ずっと走ってたらしい。なんとなく実感できたかな、規模感とか。

 

自分で考えて自分で行動して振り返って次に生かす。自分の内発的動機に対して、どこまで掘って行動できるか。

行動の起点が自分よがりばかりでないか。

そろそろ自立の時期に、伝え忘れてる事ないかと焦るわ。。

金属アレルギーの私のアイメイクセット

ついに見つけた!!

 

コロナ禍に入ったあたりから、まぶたに腫れができ皮膚科に通い「化粧品全部やめないとね」と先生にいわれ、つらかったです。

以前使っていた化粧品を使うと、目の上が腫れる、荒れる。完全に体質の変化が起きてきました。

 

一つずつ化粧品の成分を見ながら試しながら、化粧品全部捨てて、そこからアイテムをら見つけて、、長かったよ。。

 

やっと!!!

アイシャドウ、アイライン、マスカラの3点セットが揃った〜〜うわーい!

 

私はどうやら酸化鉄や酸化チタンが入ってると途端にアウトでした。ネットでも色々情報探してお世話になったので、ここぞとばかりに皆様の何かしらのヒントになればと。

 

●アイライナー

ちふれのブラック

f:id:chizukichizuki:20220715004728j:image
f:id:chizukichizuki:20220715004731j:image
f:id:chizukichizuki:20220715004725j:image

マスカラが見つからなかったので、仕事の時は、これで化粧したかどうかを判別してた。

 

●アイシャドウ

NOVのアイシャドウ

私はブラウン系の3色セットをヘビロテ

f:id:chizukichizuki:20220715004829j:image

 

 

●マスカラ

ついに見つけました!

なんと!LAKOREのマスカラ!!

雑貨屋さんで人気のラコレです🎶成分みたら、入ってないのよ酸化鉄。本当に探してたよ〜日本では見つからないかと思ってた(涙)。

ありがとうLAKOREさん!!

フィルムになる系のマスカラで、パンダ目にならないし、本当にお買い得!!

f:id:chizukichizuki:20220715004859j:image
f:id:chizukichizuki:20220715004902j:image
f:id:chizukichizuki:20220715004905j:image

なんでやねんと呟く母

70代の母の親友が他界した。

 

昨年あたりから事業をたたみ、孫の面倒をみてるのよーと元気だった裏には、残された時間をどう過ごすのかを考えて行動していた母の友人がいた。

 

がんの治療は順調と聞かされていた中で、すっかり元気に過ごしていると思っていた母。「そろそろコロナも明けてきたし、今度会おうよーー」と電話をしたら「もう、会えないと思う」と病状を告げられたという。

 

母の後悔は「一泊旅行行こうよー」と誘われいたけれど、先延ばしにしていたこと。

 

最後はLINEも自分で打てないほどの状況。ゼリーを送ったら、「いつもありがとう」とカードでお礼がきた。娘さんが代理で対応してくれたみたい。

 

私も聴いてて辛い。

けれど、本当に準備をして家族に見守られながら全うした母の親友に、ありがとうと手を合わせたい。

娘さんからの訃報連絡のLINEに「気落ちしないでと心配していました」と記載があったようで、母は「なんでやねん」と呟いた。

 

天国からも母の友人でいてください。

ありがとうございました。

 

諭吉とぶ

GW前後の諭吉の逃亡具合がひどいのですが、これは18年前の子育て戦略からきている。

 

GW前に息子バースデー

GW後に娘バースデー

 

ただでさえ、旅行やら外食やらで諭吉が飛ぶのに〜と思ってますが、これは全て18年前の夫婦の決断に帰結してる。

 

当時の東京の保育園事情は激戦。

「保育園に入れるなら、春生まれがいい。

0歳児枠は保育園に入りやすいし、とはいえ小さすぎると不安。なので、11〜12ヶ月で入園を狙おう」

よって、4月2日以降なるはやの出産を狙った計画的な出産にチャレンジ。ラッキーな事に、兄弟2人とも計画通り。

 

そもそも計画自体に山ほど疑問を感じつつ、とにもかくにも働き続けるために出来る事をする、そこに必死でした。

 

里帰り出産なので欲張って、「夫がGW立ち会い出産できたらいいなぁー」と思ったけれど、予定日より少し遅めの娘と、少し早めの息子が誕生し、なんだかんだ立ち会い出来ず。

娘の時は、親戚がGW中、娘が出てくるのを待ってたことを思い出す。

 

娘が17歳、息子15歳。5月中旬に完了しました。

 

来年成人!?えっ、うそっ!

と焦る親です。

 

友達にたくさんお祝いしてもらって、青春真っ只中の娘はめちゃくちゃ眩しい。毎日深夜まで学園祭立ち上げの委員でZoomやらDiscordやらGoogleチャットやら使いまくりのクラウドベースな世界を生きてますね。使いっぷりに根負けして、新MacBook Airを譲ってあげたよ。私エラい(涙)!

 

息子は陸上部はとうに辞めて、今は映像部。ゲーミング用にとスペックの高めパソコンで、ゲームとYouTubeばかり見てたけれど、ゆっくり実況のアプリをダウンロードしてマイクラ録画し始めました。

 

どんな成長見せてくれるか、まだまだ楽しみます。