千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

奥美濃篭り2日目〜

はい、2日目も高鷲スノーパーク!

駐車場が先頭列以降はだんだん斜度がきつくなってくるのです。車中泊する時に、頭が下がらないように調整が必要。

 

ダイナランドにしようかと思ったけど、1日目の高鷲のゲレンデ状況みて「ダイナは固いだろうな。。」と。

とはいえ、ハイシーズンの高鷲の日曜日。混雑度は最高潮!

6時に起きるつもりが6時半。そこからなんだかんだでこーきのコンタクト挿入に30分以上。。まぁ、仕方ない。

あっと言う間にゴンドラ動きだしー、結局滑り出しは8時半くらいに。

 

簡単にパン食べて飲むヨーグルト飲んで、いざゴンドラ!4本くらい滑ったら、もう、大混雑。。山頂で息子はもっと上に雪遊びに。

 

午前だけ滑っで、午後はもう着替えてもいいかなーくらいに想定してたので、放置。

すると、降りてこない。

あ、しらん子供が上に上がって行った。

あ、一緒に遊んでる。

あ、仲良くなってる。。

あーー、あの子も降りてこないわ。。

 

お父さんらしき人に話かける私

「あのー、上でうちの息子と一緒に雪で遊んでると思うんですけど、いつまでも降りてこないですよ。。大丈夫ですか?」と。

 

「あー、全然大丈夫です!」と。

 

愛知から親子でシーズン2回目。息子Y君がゲームばかりするので、連れ出して来たらしい。

 

しばらく待ってると、こうきが降りてきて「お母さん、かまくらつくった。見に行こう」と。

 

えぇ、、、いやだ、!とも言えず、ぐるっと迂回して行きましたとも。

 

そしたら、

f:id:chizukichizuki:20200213234840j:image

かまくらつくってた。すごーい。

f:id:chizukichizuki:20200213234927j:image

 

夢中な小六男子達。とりあえず、テラスで休憩しよう!と連れ出して。一緒に休憩ー。

ちょうどその時、オットを通じて友達M君から連絡が入り、久しぶり〜スノボ教えて〜と。

 

Y巻親子とも一緒に滑って、混雑してるゴンドラ回避しチャンピオンクワッドメインでまわしてた。途中、カマクラ友達同士、「またかまくらつくりたい!」となり、Y君父に預けることに。

 

M君の高校生の息子に少し教えて、さすが高校生、ぐんと上手くなったのちに、一緒にかまくらの出来具合見に行きました。

 

大人2人入れるほどに拡張してました。すご!

 

f:id:chizukichizuki:20200214000247j:image

スノボ奥美濃1日目

 

家庭の事情という事で、月曜日はおやすみを、させていただきました。。すみません先生!!

 

金曜日

普通に仕事から帰ってきて。

買い物は、パン、お菓子、カップ飯、お酒、コーヒーなどいつもの食糧揃えるにも思い出さないと。。

 

車中泊のシーズンインはかなり面倒

布団、敷きパッド、下からの冷えを防ぐための銀マット、羽毛布団、毛布2枚、枕2つ。

今回はこーきと2人旅なので、スペースは十分!

 

お湯だけは沸かせるように。山専用魔法瓶も忘れずに。

 

夫が搬入を手伝ってくれたので、お風呂に入って11時半に出発!チェーンとか充電器とか、CDとか色んなものを忘れてないか気になってなかなか出れなかったけど。。

 

いざ、高鷲へ〜。

ゆっくりなので、3時半くらいにダイナ立体駐車場へ。深夜のトイレがてら案内とかみても、なんか雪があんまりないかも??高鷲行きたいんだけど?と思い、移動ー。。高鷲駐車場へ。

 

寝て、起きて、今回からのこーきコンタクト!30分以上かかって、なんとか。。

スタート結局10時くらいだったかなぁ。。

 

雪はいいけど、レンタルの列とか入り口近くまで来てるしなんなのすごっ!どんどん人が増えてきて、混雑レベルの危険を感じながら滑る。初心者コースとか、難易度上がります。

 

まぁまぁ滑れたしー。そして、帰り!出遅れて高鷲入り口まで渋滞。温泉はひるがの方面の牧歌に決定。久しぶりで、ミントバスや薬膳風呂がいい感じ。牧歌の里で夜ご飯ケイちゃん定食。

一番上に息子。。

f:id:chizukichizuki:20200210210212j:image

 

混雑してるゴンドラ。。
f:id:chizukichizuki:20200210210207j:image

シーズンインは、こーきも初めてのK2ライムライト、靴もK2。1日目で慣れたかなー。

 

シーズンイン

こーきと2人でやってきました。運転1人は不安だけど、仕方ない。

 

とはいえ、やっとこさ高鷲でシーズンイン。2人なので、車中泊生活満喫ーー。

f:id:chizukichizuki:20200208231903j:image

こんな日々も、あっと言う間に思い出に変わってしまうんだろうなぁ。。

 

親にとって、子どもは断片的な存在。つい数ヶ月前の子どもと、今の子どもが違うんだもんな。

 

報告とお礼に

合格者向けの説明会ののち、塾の先生たちに報告とお礼をしに。

 

●社会の先生から

先生「最後間に合ったなーー」(私:そうやったんか・・やっぱ間に合ってなかったんかーーい!はよ言って!!)

先生:問題なにでたん?

こーき:一番昔の法律は?とか。17条の憲法って書いた。

先生:残念、それ間違いwww。大宝律令

算数ってみんな難しいって言ってたけど、何出たん?

こーき:あーだこーだと説明

 

●国語の先生から

先生:最初ひどかったよなーー会話文だけとかwww、随筆ですか?みたいな

山の上でコーヒー飲んだ の作文は最高やったわ。彼の個性を消さずに作文を書けるようになったのは良かったですねー。

こーき:先生最後間に合ったん?

先生:1月16日に全部返した!ギリギリセーフ!気づけば意識失ってた。

 

●事務の方から

ここまで本人のことを理解してくれてる親御さんもなかなかいないですよー

12月にクラスが落ちたことについての話の中で

「男の子はクラス落ちた子の方がそのあと、グッと伸びる子多いんです〜」

が面白い現実でした。クラス落ちしてから、こーきは本気出したので、もしかするとその性格もわかった上で、ボーダーラインをうろついてたこーき、落としてくれたのかも??今となってはいい思い出か。

 

そして!

お昼ご飯たべて、板と靴をゲットーー!

これで雪山にいけますww。

 

サクラが咲いた

息子に🌸が咲きました〜。

4月から姉と同じ中学に。


大好きなゲームに漫画、スノーボードも、習い事も。たくさん我慢して、多くの人に協力してもらい、なんとか得た合格でした。


本人は「完璧やった〜✌️」とドヤ顔で試験終えて出てきてましたが、親はダメだった時シミュレーションを完璧にやりすぎて、夢まで見ました。夢で良かった。。


姉弟のタイプや性格や成長も全く違って、思っていた以上に大変でした。


反面、嬉しい事も浮き彫りに。


---

ふだん弟と喧嘩も多い姉が「こーき、がんばれよ」と、朝早くにちゃんと起きてボソッと言いに来たのは、親としては感動の一場面。クラブ紹介する姉をニヤニヤ見てる新入生の弟という構図が現実になりますw。

 


算数テストの後に「あの問題、ちょ〜〜楽しかった〜〜!😃」と本当に満足気に出てきた息子。「お前は北島康介か!」とツッコミつつ、そんな風に思えるって、良かったねぇ〜😭やってきた甲斐あったわ〜と本当に嬉しかったし。

 


今日はお世話になった塾の先生に、報告に。打てば響く先生達に、息子の苦手分野克服に早くから指導いただき、本当にムリをお願いしてました😆。そこは親の「塾の使い方」熟練故(図々しさ?)為せた事かもと自負しており。


作文添削を大量にお願いした先生からは「最初、作文ひどかったもんなww」と笑いながら、「あの〇〇の作文は最高やった〜!」とちゃんと内容覚えてくれてたり。本当にありがたい。


今は幸せのゲーム三昧を楽しんでる息子。


ひとつまた、子育てプロジェクトの段階が進んで行く寂しさもじんわりありつつ。

奢る事なく、これからも精進してほしいです。

発表の日

合格ーーーー!!やりましたーー!

 

一昨日夜中に、普段夢を覚えていない私が、「こーきが落ちた夢」を見て目を覚ましたりして。アァ・・夢か・・・夢でよかった!!と何度思ったことか(涙)。

合格していなかった時のシミュレーションを姉の時以上に行ったからかと思われます・・・。

 

今回は、2日目に私立を1つ受験したというのもあって、選択肢が増えていることも要因。そもそも私立に行く気などサラサラないものの、やはり「塾代を考えると・・・」などと思ってしまったり、「いや、私立に行くなら、高校受験するのだ!!」とそもそも論に戻ったりして。

合格発表の当日の朝まで、落ちた時の為に受験が続くことを想定して勉強させ続けることの「心を鬼にする」オットの徹底ぶりは、すごかった。かなり可哀想やな・・と思いつつ、こーきのことを思えばこそ。

「モヤモヤした期間も頑張る」という大変な状況をこーきは乗り切ったのです。えらい!!!結果的には受けない学校の過去問もたくさんやって。こーきの受験勉強は発表当日まで続いていたのでした。

 

そして今日、朝はちゃんと発表時間に間に合うように起きる!はずが、予定より寝坊。慌ただしく出発し、もう早く結果出してくれーーというなんというか楽になりたい気持ち。こーきが電車の中で社会資料集を読んでいたのが、印象的だった。心を落ち着けていたのか、なんなのか。

 

駅に到着し、学校へ。既に校門から列ができていて自分達ももちろん並ぶ。遅く来ても良かったのに!とかこーきは言いつつ、このそわそわした時間がなんとも言えず。配布された鉄りょく会の案内には「合格おめでとう!」と書かれていて「まだしてねー」とかツッコミながら待ってたら動き出した。

 

おおおーーー、こーきを撮影するのだ!と(こーきに許可はとった)思いながら、追いかけて「最初に見ておいで」と声をかけ追いかける。こーきが掲示板の前に人混みをかき分けて動き、探す。長い!遠くて見えなかったらしく、手を丸めて穴から覗くなど・・(汗)・・・んーー長い!すると「あった」と振り返るこーき。私、「えっほんまに!」とブワッと涙が溢れ、自分でも確認すると間違いなく番号ありました。

 

ヒャーーーーー。やったーーー。写真パパッと撮影して、そこからはおばあちゃんやばあばに電話。親戚にLINE。

同じ塾の子とこーきが話をしていたので、保護者に挨拶したりして。玄関前には塾の先生。名前も知らない先生も多いけど、皆さんに本当にお世話になった。こーきのお気に入り先生もいて、「よー頑張ったな」と言われ。先生達もテンション高くはいれないんだろう。落ちている子も実際いるしね。。

ほんとうに色んな人の協力あってこその、今日の合格。

 

その後の動き。

お肉屋さん→四天王寺へ(初めて見学)→大阪天満宮うどん屋さんでバター釜玉→帰宅

こーきはゲーム!私は美容院!夕方に小学校の先生に報告をしに行きました。夜はばあば達と近所でお祝い、9時半におばあちゃんがアイスを持ってやって来てお祝い。

長い長い一日でございました。

 

先生には来週月曜からまた学校に行くと伝えると「やった!待ってるで!」と。

作文めっちゃ頑張ったという話をすると「作文読むのが楽しみすぎる〜〜!」と。ハードルあげてることに気づかないこーきですw。

 

 

◼️こーき語録

・こーき「こーちゃんが受かってなかったら誰が受かるねんな!(ドヤ顔)」

 私「それ誰が言ってんの?」

 こーき「ふっ、オレ」

 

・落ちた友達に声をかけないのか聞いたら

 「(向こうは)いやヤローーー向こうは明日も受験なんやで。頑張れとか言ってもイヤミなだけヤローーーー!落ち着いたら、LINEできるからいい。」

 

・「とにかくゲームをしに早く帰りたい!!」

  ・・・12月からゲーム断ちしてたもんな!

 

・100%受かってると思ってたのに、受験したあと、自己肯定感は60%くらいにボコボコにされたわというような趣旨発言

 

・長かったーーー、めっちゃ勉強したーーー

 

お疲れさまでした。ほんと良くやった。

これからは、くれぐれもおごらず、日々精進してください。

悶々とした数日間の続き

◼︎3日目

いよいよ本命1も私立も結果発表の日!!私は仕事をお休みしまして、確認担当は父。娘の時のゲンを担いで、その時の担当で行くことに。

 

朝、7時に起きる。オット、おきず。イライラする私。。ちゃんと開示したらいち早く見てきてほしいのに!!ヤキモキする時間がつらいのに!!

 

「見に行くのいややーー」とか言って起きてくるオット。私はイラッとしながら。。

 

ちょうどの時間に行っても人多くて大変だからと、少し遅れて行く。

 

結果

 

掲示板の写真が送られてきて。

まずは、受かってた〜!!

おし!!次の段階いくぞー!

 

午後に、昨日の私立発表

こっちも受かってたーー!!

ただし、上のコースは落ちてた(-。-;

 

まぁ、いい。

次だ!次!!

 

◼️4日目

本番。この日は、全てのサポートをオットに任せて、私は仕事に行きました。

午前中が終わって「完璧!」とテンション高く終わったらしいです。

ほんまか??とオット。今まで「できた〜!って言っててもどっかポコっと間違えてるんだわ、、」と頭を抱えておりました。まぁ、結果は出るしね。