千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

定点観測

時間に余裕があるのかないのか、次のステージをよく考えるようになった。そういう性分なので、それはいつもなのかもしれないけれど。

 

子供の教育、受験はメインとして、自分のキャリア、これからの生き方、親のサポート。

 

水曜日は、久しぶりに自分の仕事範囲Tips関連の有料講座(ユーザビリティテストの講座)に参加。1ヶ月前に発作的に申し込んだもので、その時は「もっと、自分の業務分野で知識を磨く必要があるな〜、なんか錆びてきてる感覚を取り戻したい」と思っていた。

参加してまぁ良かったけれど、戦略やそもそもの課題に向き合う時の前提意識をうたがったり、深めるようなセミナーを聞いた後の感動に比べると、そんなものはもちろん無くて。

うー、そらそうなんだよ。なんだろう。

 

すでにサラッと知ってる事だし、改めてアップデートできるのかと思ったけど、基本的な事を改めて久しぶりに聞いただけでした。

かけた時間や労力(夜にプライベートで子供との会話時間を無くして外出してまで、しかもめちゃ疲れていた)に対する、質的に得られるものが少ない感覚。これは、今の私には優先度が低くて、情報得たいならネット講座や書籍で十分だな、もしくは知ってそうな人と会話して意識を高く持つ方がいい、と再認識。

 

あ、それが学びだったかもしれない。

時間使う事に対して、もっと意識的に選択せぇ、と。

 

うむ。お金を既に払ってたから参加しただけだったな。

 

今週、私にとっては頻繁に(1日2回くらい)めまいがして、頭とか顔が火照って、頭が常に動いている状態。いや、即睡眠は取れるけど、常に眠い。

多分、更年期障害ってやつ?

 

仕事は仕事で集中しつつ、木曜日はY先輩とグランフロントで夜ご飯。

 

たまたま近くに来る機会があって、その訪問の流れから夜ご飯アポをとった。

これは楽しかった!一緒にお仕事の機会が結構あつた先輩。昨年出向を決断されて、別のお仕事に。連絡を取る事はできてなかったけれど、色んな方と会う仕事を現在されていて、新鮮で話を聞いていて楽しかった。

これは良い時間の使い方。

 

夜に帰宅。息子の塾の宿題の丸つけを行ない、明日の計画を作成。

 

ほんま、よく頑張ってる。

地球深部探査船「ちきゅう」の船内見学会へ!

「ちきゅう」

全長210m、幅38m、高さ70mの巨大なやぐら。30人ヘリが着くヘリコプターデッキ🚁も


〝2005年7月に完成した地球深部探査船「ちきゅう」は世界最高の科学掘削能力(海底下7000メートル)を持ち、巨大地震の発生メカニズム、生命の起源、地球規模の環境変動の解明、人類未踏のマントルへの到達など、人類の未来を開く様々なミッションに挑戦しています。゛


とにかくスケールがでかくて、港の方向にヤグラが見えた時からすでに大興奮(特に親が)。

「でかっ!!!くぅ〜〜かっこいぃ〜〜!」てなもんです。

f:id:chizukichizuki:20190610185141j:image


地底の科学的な解明ミッションを担う方達との、束の間のお話時間。

f:id:chizukichizuki:20190610185229j:image


新宮港のお祭りイベントで、海上保安庁や税関や働く車の展示も凄いのですが「ちきゅう」スケールの目の前だと霞んでしまう。

 


いやはや、楽しかった(特に親が)。

 

f:id:chizukichizuki:20190610185526j:image

写真の奥に見える、ちきゅう。でかい!!

 

新宮港は本当に遠くて、、、日帰りはきつかったけど、行ってよかった。

 


ちなみに子供ら2人共、紀伊山地の山道にやられ行儀良くリバース😅。

昔に比べると、随分と道が整備され、こんな急峻な場に浮いてるような道路が!と、それもまた思うものがありました。

空き地に、崖崩れを防ぐ道路。掘りすすめるトンネルに新しい道。

 

日本の田舎は、どんどんすっ飛ばすエリアになりそう。

中学受験への道

現在中2の娘の時とは異なり、全体感を知った上での中学受験への道。ちょこちょこ記録していこうかと。

 

そして、今、小学6年の息子。

性別は違うので、様々に新鮮な事はあるけど、姉の時は親の情報収集もパツパツで余裕など全くなく、なかなか記録をしてこなかった。

が、やはり記録はのちに宝となり思い出となるので。

 

姉の通う学校が好きでこんな学生生活羨ましい!と思う親は、息子に当然のように伝えます。

「お姉ちゃんと同じ学校に行けたらいいね」。

姉が受験勉強で大変だった時も「弟よ、お前もな!」という雰囲気バリバリで。

 

弟は、自分の意志ではなく「そういうもんなんだ。お姉ちゃん、勉強大変そうだったな〜〜。」と受験を受け入れていく事になります。「自分の意志ではない」ってのは、結構ポイント。

 

もちろん、同じ塾に同じように、時には受講を間引いて、テストも受けずに通います。なぜなら、その塾に通って受かった姉がいるから。変更する理由など無く。

 

◼︎授業の取り方

[社会]

4年の2月(塾は5年の授業がスタートします)から、社会のウェブ授業を取りました。

まだ、塾には通いません。週に1回授業が配信され、自宅で宿題とテストを進めていきます。親が毎日何をやるかチェックリストを作り、丸つけや直しも付き合います。実力テストも受けない。

 

H塾では5年の段階で「前半地理、後半歴史」を一回履修してしまうのです。ちなみに、小学校では、歴史は6年の4月からスタートします。

 

●社会の履修について、過去の反省が

「小学校で勉強できる方だし大丈夫でしょー」と受験初心者だった姉の時は、5年2月(6年のクラス)から社会を受講し、そらもうとんでもなく大変だったのです。そらそうです。他の子たちは、一度地理も歴史も終えてる。歴史なんて、膨大。やってないし、知らないからできないだけの社会。

月に1度の実力テストで、いい点なんか取れるわけないのです。苦手意識がいつまでも取れず、レベル的に追いついたのは6年の12月でした。長い社会との戦いでした。。

 

 

昇級審査(さいごかな)

f:id:chizukichizuki:20190610093249j:image

小学生の昇級審査会

今回から基準が変更に。


5人グループだったので、2勝1分けが昇級合格の条件。

 


1. 縦四方固

2. 投技からの抑込技の連絡変化

3. 試合(2分)

 


さて、どうなるか。

 

 

 

転勤されたお世話になったM先生が、新たに教えている団体を率いて参加されてたので、小さな団体の息子も混ぜてもらったり。

 


柔道がイヤ。

練習したくない。

試合なんて、もう出たくない。

 

 

そんな気持ちが、受験勉強と相まって絡まってる息子。とはいえ、あと少し!いつか、やってて良かったと思ってくれるんじゃないか、、そんな気持ちで、夫は息子の気持ちを押し切り、合格したらマリオメーカーのソフトな!と今回も申し込んだ。

 


やりきってほしいだけなんだわ。

 

悔しい気持ちも、今後の糧になると信じてるんだわ。

 

前回、半年前の4人チームで4人全員に負けて、昇級できなかった時は、泣いてたよね。

泣く事自体珍しくて、ケロッとしてるのがいつもだったのに、涙流してた。本気で悔しいという思いに近づいてたと思うんだわ。


がんばれーーー!!いままでの力、出し切ってーー!

 

 

結果 1勝3分け。。。

 

 

うー、惜しい惜しすぎる。1級取れなかった(涙)。でも、心からやる気が感じられたし、諦めず、めちゃ頑張ってた!!!

 

なので、大好物のうなぎ屋さんを探しまして。頑張ったお祝い。

f:id:chizukichizuki:20190610093223j:image

 

その後は、リバーサイドで塾の宿題の続きを。

f:id:chizukichizuki:20190610093440j:image

ちょっとだけ祈りながらウェブにログイン

息子が通う塾のクラス。クラス替えは4ヶ月に1度。

今回の結果で、クラスが上がるかそのままか。6年の今の時期なので、影響は大きい。

 

本人の向き不向きもあるので、上がることが良いかはわからないけれど。

 

そして、今から結果を見ます。。

どっちでもいいはずなのに、ちょっとドキドキ。

 

姉と随分とタイプが違うもので。

かけがえのない先輩

「◯日、日帰り出張です。夜ご飯どうでしょう?」

「OK!Sさんもいけるってさ」

 

ってな感じで、飲める(たまに泊まらしてもらえる)東京でバリバリに働く先輩DさんとSさん。本当に、この2人と定期的に飲めてる事は、感謝しかない。

 

今日も、品川で終電までの飲み。

 

仕事のこと、娘の成長のこと、昔の会社の今のこと、これからの自分のこと。

少しだけど聞けて、また私は私で頑張ろう、関西で頑張ろうと思えるのでした。

 

ハイボール飲んだ後に、新幹線で追い飲み。

f:id:chizukichizuki:20190514214752j:image