千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

ベトナム2日目3日目

ベトナムホーチミン

 


一言で言うと、活気ある街だった。

ネオンはギラギラしてるし、バイクだらけで、見た目に皆が若い。仕事で訪れた工場でのエネルギーも感じれたし、街は雑然としながらも活気がある。思ったより、綺麗でした。

 


経済成長するぞ!という段階の国って、こんな感じなんだなぁ~と。

 


そして、全くと言っていいほど自由時間がなくて、笑えました。

お世話になった運転手さんの、あらや車を煽る運転が凄くて。。レクサスでハイビームガンガンに照らして煽ります、、。元気すぎるやろー!

 


そして。


あっちの人は飲む!本当に飲む!強い!

わんこビールかと思った。。

氷どうですか~~?

ヘイバイヨー!

飲み過ぎっす。。。


全力で、一気飲みを避けて、頑張った3日間。

朝6時からの豪華な朝食も、初日は6時出発で味わえず(涙)。いいホテルだったのに、全くゆっくり出来ず、、プールバー行きたかったなぁ。。。

f:id:chizukichizuki:20190310192711j:image

お部屋のフルーツ、結局手をつけず
f:id:chizukichizuki:20190310192908j:image

朝ごはんは車の中でいただきました。美味しいのに、どっか辛いのが苦手。
f:id:chizukichizuki:20190310192918j:image

美味しかったベトナムコーヒー♩
f:id:chizukichizuki:20190310192931j:image

初日の夜ごはん。カニやらエビやら。全力でパクチーを避ける。
f:id:chizukichizuki:20190310192913j:image

2日目の夜のお店
f:id:chizukichizuki:20190310192936j:image

街はギラギラ
f:id:chizukichizuki:20190310192856j:image

3日目の朝ごはん。もっと食べたかったけど、お腹がしんどくて。

毎日、夜の1時に寝て、5時起きだぜ。
f:id:chizukichizuki:20190310192923j:image

 

朝、これを生ジュースにしてくれる。もっと飲みたかったー。マンゴーとバナナのジュースをいただきました。

f:id:chizukichizuki:20190310193218j:image

 

ピーナツケーキ
f:id:chizukichizuki:20190417225829j:image

誕生日の夜、部屋に戻るとお花とピーナツケーキのプレゼントが。サプライズに感動いたしました。

 

ベトナム1日目

ベトナム

 

3泊3日(帰りは深夜便なので、3日目夜は機内泊!)

結構な強行軍だっただけど、予想以上の強行軍になりました。

 

月曜日出発。

朝、自宅を5時半に出て、リムジンバスで。リムジンバスも並んでて、びっくり。先着順なので、乗れなかったら、電車とか嫌だし。

家を出る時に寝てる3人に「行ってくるね」というと

 


息子 行ってくるね、と近寄るとニコニコ~~っと顔をくしゃっとしながら「行ってらっしゃい」と。私、ハグ。

 


娘 行ってくるね、と肩を触ると「やめてよ!!」

 


夫 行ってくるね、と布団を触ると「んぁあ!」

 

 

 

寝てる時の対応はいつもこんな感じ。息子のほがらかさは、いったいどこからきたのかと毎回思う。この愛されキャラ、たまにややこしいけど、尊敬する。。この愛されキャラが人生を豊かなものにしてくれると思うよ。

 

 

 

そして、関空に着き、グローバルWi-Fiをレンタル。すんごい行列でびっくり。。15分くらい待ったかな。ギリギリの人は大変だろうな。

 


「現地でも余裕ないし、飛行機乗り遅れたり、遅れたらややこしいですね~~」などとKさんと話をしてました。

 


ベトナム空港のチェックイン。

10時半関空発 14時過ぎホーチミン着、のはずが~~。

 


「欠航が先ほど決まりまして、、、」と係員さん。ロビーでお待ちくださいませ、、と。

 


そこからの展開!

 


とにかく今日中にはホーチミンに着きたい、着くように動くべし!と決めて、Kさんは会社に電話し仕事で訪問予定のベトナムの方にも電話。

 


するとさすがのアドバイスが!

「羽田経由の方法と、ハノイ経由の方法のどちらかで本日中にホーチミンにつけるはず。そこに振り替えできないかどうかを、聞いてみたら?」と。私が荷物を見て、Kさんがカウンターへ何度も足を運ぶ。

 


そしたら、ハノイ経由でとってくれて、行けた!

 


搭乗時間を過ぎたチケットを渡され、ファストレーンのチケットを渡され、「急いでください」の声と共に。国際線、出発30分前やん!

 


そこから、関空内をはしるはしる。見たかったお店も、買いたかったお水も買えず。でも、間に合った。

関係各社にLINEして。

 


で、ハノイへ。

混んでそうだし、警備とか厳しそうだし、避けてたのに~~と言いつつ。

 


ハノイに着いたら着いたで、よくわからない。

 


降りてすぐに、係員さんがかすかに「ホーチミン」と言ってるのを聞き逃さなかったKさん、すご!ここで見つけてなかったら、多分、ホーチミン行きに乗り換えはできてなかった。どうなってたんだろー。

 

ハノイ空港

f:id:chizukichizuki:20190309104123j:image

 

ハノイでのりこみ
f:id:chizukichizuki:20190309104128j:image

現地は
荷物を一旦受け取り、フォローミーと言われながらついていくと待たされ、よくわからない右往左往についていき、バスにのって国内線へ。まさか、国際線と国内線が遠かったとは!!ハノイの空気は、ちょっとひんやりだったけど。

国内線も、飛行機までバスだだったりで、思った以上に時間がかかる。

 


そして、2時間程でやーっとホーチミン

ついた~~!

 

ついたら夕方

f:id:chizukichizuki:20190309104234j:image

 

ギラギラしてるな。ホーチミンの空港

f:id:chizukichizuki:20190309104302j:image

人生で初めての海外出張

初めての海外出張。色んなレベル感の仕事がある中で、結構な強い思いを持って進めている仕事関連で、初の海外出張の機会をいただき、行ってきました。


●気持ち

「子供がいるからムリかな」

日帰り出張は結構な頻度で行ってるけど、夫の助けが無ければ「むり」。海外も、行こうと思えばいけるけど、家族への負担が大きいしなぁ~。


そんな気持ちが心の奥の方のどこかにあって、海外研修などの公募の機会にも、手を上げる事はなかった私。諸手をあげてOKとはいかないよねぇ~~、どうせ~~などと思うようになってたんだと思う。まぁ、今の会社も長くなってきたし。


そんなこんなで、過ごしてきてたけど、ふと気づくきっかけが。


同じ仕事場の同年代の子供を持つ人(女性)が、海外研修に応募したと聞いた時、自分の中で何かが弾ける音が。


「あ、自分で掴みに行ってないわ~~、私。子持ちだからムリと思いこんで、縮こまってるわ~~」と気づいたのでした。


そこで、「仕事として機会があればなるべく断らないように検討してみよう」と心に決めて過ごしていたら。


きた。

 


チャンスがやってきた。

 


とはいえ、他のプロジェクトの集大成イベントもドンズバで被っていて、本当は日程的に厳しい。。。あっちもこっちも厳しいので、日程無理なら諦めます!と言ってたら

 


「ここまで一緒に頑張ってきたプロジェクトなんだから、できれば一緒に行こう。日程調整してみよう」と行ってくれた先輩の声に後押しされ、夫に相談。

夫は「わかった」と言ってくれて、受け入れ側の日程も調整できて、きまり。

そこからはチケットや宿の確保などが進みました。


で、行ってきました。ベトナム

つづく

もっと社会やっときゃ良かった

その言葉を次回のテストまで忘れないようにね。

 

やれたはずの事をやらなかった、手を抜いた、結果とても残念な結果になってしまった。

 

という後悔は本当に情け無いってことを自分で知ったかね。

 

自分で気づいて、自分で立ち上がって行くしかないよ。がんばれ。

岩手 1日目 猊鼻渓(冬)

どこに行くかは、会ってから決める。カズと合流しつつ、猊鼻渓行ってみたいなぁー、と。

初日は冬の猊鼻渓(げいびきょう)観光。

f:id:chizukichizuki:20190206194027j:image

問題は交通手段と乗り継ぎ。

花巻空港から、平泉駅までのバスがあると聞き、まずはそれに乗る。1人1000円で、私らしかお客さんはおらず。バスガイドさんもいて、快適。

その後、平泉駅から、一ノ関まで電車。(本数少ない)

その後、一ノ関駅から猊鼻渓行きの路線バスがあり、12時の便に間に合うように猊鼻渓に辿り着いたぞ!!

 

こんなところに、渓谷が?
f:id:chizukichizuki:20190206194031j:image

チケット売り場が見えた。

f:id:chizukichizuki:20190206194048j:image

おでんとおにぎりをお土産物屋さんで買い込み、乗船。

向こうから、帰ってくる船。
f:id:chizukichizuki:20190206194038j:image

浅い川。

川を登って行くんですけど、奥で降りるとは知らなんだ。足元は雪。
f:id:chizukichizuki:20190206194043j:image

写真におさまらない。

f:id:chizukichizuki:20190206194820j:image

運玉、5つ100円。岩穴に向かって投げるが入るわけない。
f:id:chizukichizuki:20190206194035j:image

タツあるよ!
f:id:chizukichizuki:20190206194017j:image

f:id:chizukichizuki:20190206195140j:image

そんなに寒くなく、空気は良かったです。が、季節のいい時がいいのかもねーー。

タツ船と船頭さんの唄はなかなか良かったです。

行ってきまーす。いざ東北へ

朝の4時45分にタイマー鳴らすも、私に聞こえたのは3分後。はぁー、起きれた。。

 

寝てる息子に「いってくるね」とほっぺちゅーすると、眼を閉じたままニッコリ微笑み、すぐまた寝る。

 

寝てる娘に「いってくるね」と言いながらほっぺちゅーするともちろん眼はつぶったまま

「ほんまやめて!鬱陶しい!!」と、反対向き回転させて、拒絶。

「東北行ってくるね」と言うと「お土産」

と呟いた娘。

 

父に「いってくるね」と肩をゆすると

「なんやねん(怒)!」と叱られる。

 

 

この日のために、去年の10月から私は、順調に育っていたカラダを3キロ絞る事に成功。

3キロやせたら、滑りにいっていいよ!と言われていたのさ。

 

そしたら、先週はこーちゃんインフルかかりーの、ここ数日で色んな事のタイミングが重なって実際行けるかどうかもわからなくなったりして、睡眠不足でふらふらしながら、途方に暮れそうになりながらも「行く!!絶対行く!これは私の人生において、私が自分で選んだ好きな事をする、継続する点において、めちゃくちゃ大切な旅なのだよ!」とこだわって、なんとか頑張ってきた。

 

はい、行ってきます〜〜!

家族に感謝。

友人に感謝!

勉強しろよ〜〜!

ありがとね〜〜!