読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

猪の解体体験〜〜

<本当にグロテスクなのでご注意を>

「猪が3匹も罠にかかって、日曜に解体するって〜!来る?」との友達Iの誘いに、家族で行かせてもらいました。なかなかない大チャンス!

父と息子は、土日はダイナにスノーボードの予定を土曜日の日帰りにしてまで、参加。娘は「ゆっくりしたいのに!」とブー垂れまくってましたが強制参加。

 

夫はガッツリと解体に参加、私と子供は見てるだけ〜〜。

f:id:chizukichizuki:20170201233029j:image

田畑を荒らす猪。猟の期間は冬。罠にかかったら、数人がかりで解体が必要。見てると、重いし、本当に重労働で、若手が必要なのはよくわかる。

獣臭がすごくて、漬物工場のような酸っぱい匂いも。生きてる猪が1匹いたから、糞尿もあったのかな?共同作業を感じながら、解体初心者も先人のレクチャーを受けて、どんどんバラバラになってく猪。

f:id:chizukichizuki:20170201233110j:image

f:id:chizukichizuki:20170201233210j:image

今回は1頭あたり4人がかり。本当に大変だ。

喉からお尻の手前までを裂き、足首周りの皮にぐるりと切れ目を入れて、皮を剥ぐ。

内臓を一気にとる為に、肛門部分は肛門の周りにぐるっと切れ目をいれる。「間違えたらウン○ダラダラ出てくるんじゃ!?」言いながらオッチャンに「コロンとしたやつしか出て来んから大丈夫や〜〜!」と言われながら。

子供らの反応はというと、息子はいたって普通に見てる。娘は見つつも「そんなに見たくないねん〜〜!」と親の心子知らずな感じ。
「臭いし〜〜」と言いながら。退屈してゲームしたり、本よんだり。

夫は、「夢が叶ったわ〜〜」と、本当に楽しかったようで。新鮮な腸に興味を持ち、持ち帰る事に。ホースで洗って、水圧で裏返してまた洗って。イノシシの腸詰めソーセージが、出来上がるのか!

f:id:chizukichizuki:20170201233342j:image

 

解体は殺めるところから片付け終了まで約2時間から3時間。今回は、電気で殺し、血を抜く為に穴を開けていた状態。殺める時間には間に合わず、その瞬間は見れなかった。

殺めた動物は、ちゃんと食しましょうって事で、リブ、レバー、脂身や腿や腸をいただいてきました。

子供らも「おいしい!」とつまみ食い。レバーも臭みゼロ!焼肉、美味しかった〜〜。

生き物の命を食しているという実感、本当に大切やわ。友よ、こんな機会をくれてありがとう!

 

当日の夜ご飯の焼肉

f:id:chizukichizuki:20170201233419j:image

そして、残ったその他のお肉は測ってみたら。
イノシシのもも肉 1560グラム
イノシシの脂身 488グラム
なんと、合計 2048グラム!

 

月曜日、シシ肉と河内レンコンのはさみ揚げ

f:id:chizukichizuki:20170201233540j:image

火曜日、シシカツ

f:id:chizukichizuki:20170201233619j:image