読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

日常のひとコマ

f:id:chizukichizuki:20160714092109j:image

おばあちゃんが土や植木鉢の面倒を見てくれて、さっちゃんが水やりをして育てたひまわり。門扉を超えました。

 

 「おかあさん、おふろ終わったらはやく2階にあがってきてや〜〜」

と、寝る前に、おふろの扉を開けて、言い放つこーちゃん。

「洗濯物干さなあかんねん。寝ときや〜〜、となりに行くからね〜〜」

と返すと

「わかった。でも、はやくあがってきてや〜〜。」

息子 「おやすみ〜」
私 「おやすみ〜」

と。(私は入浴中)

 

 

さっちゃんは、単純に甘えるのでなく、甘えてくる時は足を踏んだり、乗っかってきたり、グリグリと肋骨付近に指を入れてきたり。抱きついてきても、じっとしてないけども、本当にたまーに素直な時は激烈かわいい。

 

寝入る前が一番素直で、私の手を握って、足まで乗っけて(^^;;、暑いのにひっついてくる。

 

こーちゃんとさっちゃんの真ん中に私が寝ると、私のスペースちっさ!せまっ!

 

大の字で寝たい反面、いつまでこんな風に抱きついてきてくれるだろうか。。この幸せな時間を大切に、、と暑いのをガマン。

 

幸せやね。