読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

高鷲SPでの過ごし方から子育てを思う

夫と息子は毎週行ってる高鷲。

今年は雪が無いから、毎週奥美濃まで行ってます。。(交通費がかかりますなぁ。るるる。)
 
ハーフパイプも、いつまであいてるか、本当にわからない。スタッフの方々のおかげで、レギュラーパイプでの練習を楽しませてもらっています。
 
さて、今回は、家族全員で。娘と同じクラスの家族も、ホテル宿泊で、ダイナにやってきた!
 
今年の娘のスノボ熱は、わが家にとっての課題。去年検定4級をとった滑りや自信が消え、仲良しの年下の友達のスピードについて行けず、自信がどんどん失われ、いやいやスノボを滑る事になると、もう本当に厄介。。
 
「友達とごはんやお風呂に行きたいけれど、滑るのはいや」という、ややこしい状態に。
 
土曜日、娘の「なんでもいやいや状態」が続き、パイプ下で夫激怒。「娘と電車で帰る!」とまで言い出した。
 
とりあえず、休憩している友達の元に向かわせたら、たまたま「今から一緒に滑ろ♫」と誘われ、娘も滑る。速い女子達に、なんとか頑張って、必死でついていったらしいです。
 
娘の気持ちも「もっと滑れたらなぁ、、、」と思ったみたい。
翌日、夫がここぞとばかりに「レッスンするぞ!特訓じゃ!」。
 
私と息子ペアは、一切関わらずに。
 
ほんと、地味な陸上訓練を頑張りました!結構な斜度のチャンピオンコース下も、ターンで降りてこれるほどに。
 
土日共に、14時半位から、O母子と合流し、滑る。ボーゲンで早い子達ww。
 
そして、親が娘に構う間に、こうちゃんは。
ちびっこ広場に集まる自分より小さな子供達との戯れの中、全プレのお菓子を雪に埋めたが、一緒に遊んでた子のお菓子もなくなったとかで、一悶着。「こうちゃんがわるい!」となってた模様。あと、4歳の女の子をどついて相手は泣いちゃったとか。(こうちゃんは、「自分が原因で泣いてたのかどうかわからんかったもん」と言い。。)
 
何が本当かはわからないけど、大勢の中でのコミュニケーション、下手くそです。心配になるわ。。児童クラブでも、自分の力を主張するコミュニケーションがメインなのかなぁ。。2年だし、こんなもん??
 
と、色々なやみは尽きない子育て。
 
兄弟喧嘩の言い合いも、最近、本当に口が悪く、「あほぼけくそカス!」ってなに??絶句するわ。。。
まぁ、自宅でそれを把握できて、怒ってるだけマシか。。親の前でそれを表現しない方が恐ろしいしなー。。