読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

白馬47 2日目 初の草大会

スノーボード
いよいよ当日。
白馬はそれにしても、雄大な景色で迎えてくれる。

親も初めてなもんで、大会の運びはよくわかっていないんだけど。
午前に1本、コースが変わって午後に1本。合計Timeの早いもん勝ち。

ルート4ハーフパイプの右隣の特設コースで開催。全長230m、旗門数は19~20旗門。

f:id:chizukichizuki:20150401142126j:plain 

サツキは低学年女子クラス、参加6名。最下位でも入賞という、ラッキーさ。
低学年男子クラスのコウキは12人。競争率高いし!まぁ、勝ち負けにこだわってないとは言え、なんか、順位が着くと思うと、親が燃えるものなのね。


1本目、サツキは3回コケまして。1分を超える成績。3回て、、、なんでやねーん!
緊張と、1回こけた後の気持ちが切りかえられず、泣いたまま滑ったらしいです。。
案の定、泣きながらリフトを上がって来るという。瞬間的に、悔しさ、恥ずかしさがたくさん溢れて、感情コントロールできない感じでした。悔しいと思う気持ちがあるなら、もっと練習すればいいのに、と思いつつなだめる。。気持ちの立て直しができず、ネガティヴに振れたサツキの心はなかなか切り替わることなく。「午後の2本目を昨日習った滑りで頑張ればいいよ」と言っても「もう、最下位決定や〜〜・°°・(>_<)・°°・。」
と泣くばかり。呆れるわ〜〜。

やたら他人の秒数足し算しながら、最下位で表彰なんて嫌だとか、ダメ話炸裂。このネガティヴ思考、正直いらいらするわ〜〜。。


かたやコウキは、なかなかの滑りを見せた。もしかしたら入賞狙える??と希望が膨らむ?

が、同じ小1で物凄い滑りをする男の子がいて、これまたびっくり。小学1年は、筋力が足りなくてなかなか基本姿勢ができないんだ〜〜と思っていたけど、違うのか。。

お昼ごはんをゆっくり食べ、集合の1時前に何本か練習だ〜〜!と思ったら、すでに午後のインスペがはじまってた(゚o゚;;

私の時間間違いでした。あぶなーーー!ギリギリーー!ギリギリインスペを終わらせ。

サツキは1回こけたものの、その後は丁寧に50秒台で滑りきった。まぁ
頑張ったねー。

コウキは、1本目より丁寧さを重視した結果なのか、Timeがおちちゃった。。

結果発表までの時間は、自由。雨もぱらついていたけど、なんとか持ち堪えた感じ。
f:id:chizukichizuki:20150401142221j:plain
これは、こけてしまったすぐ後の旗門かな。
f:id:chizukichizuki:20150401150047j:plain


f:id:chizukichizuki:20150401142311j:plain

足首使ってないわりに、よく滑ってます。
f:id:chizukichizuki:20150401150028j:plain
結果は!
コウキ、12人中7位!
サツキ 6人中6位

残念やったなぁ〜。でも、小1では2位だったよ〜、と親が親に慰める。

大会ブログもありました。

既に「次の大会も出たい!勝ちたい!」と燃えるコウキ。やる気は才能です。頑張るなら、なるべく親も頑張るよ!

サツキは、棚ぼたで入賞したのがよほど複雑だったのか、滑りたくなーいと言い出してます。嫌いになられても困るしなぁ〜〜。これから、どうしようかなぁ。。

夜ごはんは、子供らへのご褒美に、ガスト白馬店。お風呂は八方温泉みみずくの湯で。イオンでパンなどを買い出し。

駐車場に戻ってきたら、車は少なくなってました。そらそうか、明日は平日。
車中で乾杯して、明日に備えます。