読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

春休みスペシャル!白馬47へ4連泊 1日目

スノーボード
もはや恒例となってきた、春休み長野旅行!期末と期初に、有休もらってがっつり家族で旅行します。

今回は、子供らを、3月28.29日の白馬47スラロームキャンプ&草大会に申し込みをしてしまったこともあり「絶対に土曜の朝までに白馬まで辿り着く」必要があって、それは大変なプレッシャー。

27日深夜12時半に大阪を出発。1時間ずつ交代で運転し、白馬47ゲレンデに着いたのは朝の8時前。眠い!が、親は良く頑張ったー。

とにかく子供らの準備を整えて、キャンプに放り込みました。

f:id:chizukichizuki:20150401130643j:plain

集まる子供ら、皆、うまい。
コウキは滑りはともかく、気持ちは負けてないので問題ないものの、サツキはやる前から萎縮してる。スラロームコースを見て、「先生の話がきこえなかった」「こわい〜〜」と泣きべそをかき出した。下見のインスペの練習を、先生と一緒に降りてもらい。。明日、大会とか、キャンセルするもありか、、、。
f:id:chizukichizuki:20150401130956j:plain

気持ちで負け負けのサツキをみて、ちょっと酷だったか、キャンプに放り込めば、それなりに楽しめるかと思っていたのは甘かったかも。。と反省しつつ、スラロームなんて私もやったこと無いし、甘く見ててごめんね〜(^^;;。
接触事故の心配もほぼないし、Time測るんだから自分との勝負でしょ、なんて。

どうなることやらで、お昼ごはんを迎えたけれど「頑張る」の一言が出てきたので、よし。

ちなみに、コウキはノリノリで滑ってました。

最後にビデオを見ながら、インストラクターのコーチからもらった言葉。

  • サツキ
ヒールサイドのターンの時に、スピードを抑えようとして、右手だけが後ろに行ってしまう。

姿勢が高いので、足首と股関節を曲げるように。「膝を曲げる」と言うと、膝を曲げてばかりになりがち。「足首を曲げる」意識をした方が、体がついてくる。


  • こうき
後ろの肩が下がってしまう。前の肩を下げる。スタートから、旗のラインをみて。


ターンの後半に、旗を持ってくるように。

ダンボれに対しては、面をあわせないようにして。ひざと股関節で吸収する。
ボコボコに近づくように、上からぐっと近くに体をくっつけていく感じ。


とまぁ、サツキに「足首曲げる」て表現を教えてもらい、ほんとどう教えていいやらと思っていたので、参考になったわぁ〜〜。

1日目の終盤では、なんとかスラロームコースを滑れるようになり、明日に備えます。

夜、温泉は十郎の湯へ。露天風呂から景色が見えず、少し残念。
道の駅白馬で夜ごはんを食べて、また白馬47駐車場に戻り、車中泊〜〜。