読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

子どもが初めて稼いだ日

昨日はうちの6歳息子と8歳娘が初めて稼いだ日。

お小遣い制度はやってなくて、とはいえお手伝いも結構できるようになって来たし、何か良い方法は無いものか?と思い、しばらく色々と参考にして出した結論が「お小遣いは自分で稼がせる」というものでした。

基準は「親がやってもらってほんと助かる!と思う事」です。具体的には

お風呂洗い&湯沸かしスイッチオン 10円

洗面所洗い 10円

家族の洗濯物を畳んで子供のものは引き出しに片付ける(小) 10円

家族の洗濯物を畳んで子供のものは引き出しに片付ける(大) 20円

お使い 10円

です。
この制度をサツキに発表すると、俄然やる気になり、チェック表を作成しだしました。

そして昨日、いつもなら「テレビ見る〜!」となるところが「お風呂洗う!洗面所掃除する!洗濯物、コウキと畳むわ!」と、凄いやる気。

鳥羽のキャンプから帰ってきたばかりで、片付けや洗濯でゲンナリしてたところに、子どもが不満を漏らしたり喧嘩するでなく、せっせと手伝いをするという前向きなやる気はすごくありがたい。

結果、5日分ほどたまっていた洗濯物の畳む作業を全て、子ども達が完璧にこなしてくれました。私の日々の懸念が「洗濯物たたまなあかん〜時間ない〜(>_<)」だったので、それがくりあになるなて、ステキすぎる!!お金おそるべし!!

「お金ともらわれへんかったらやらへん」という副作用が出るかもと思ってるものの、まだ、そんな兆候はなく順調です。

とりあえず、感動の初日、娘に40円、息子に30円の日給を渡しました。

次は「いつ、このお金を使っていいのか」を制定せねば。。