読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千月見

子育てと、たまに仕事の話。スノーボード、キャンプネタが中心。

卒園式

サツキが3年間通った保育園と、いよいよ今週末でお別れです。

先週土曜日の卒園式。天気は雨だったり、晴れだったり、春の嵐


式前の1.2週間、卒園児サツキ達の卒園式の歌や台詞や親への言葉などは一切「言わんといてな」とブロックしていたので、新鮮な気持ちで迎えることができました。

サツキのファッションは様々に着せ替え検討した挙句、大き目の水色のワンピースに、黒のジャケット。頭は左右に2つくくりで、お花のコサージュ付き。ここぞとばかりに逆毛を立てて、お母さんスタイリスト頑張る。

サツキが保育園を卒園なんて、信じられないなぁー。コウキは引き続きお世話になるので、余計に、お別れの感覚がない。

慌ただしく準備を終えて、園へ走る。(自分のコサージュ着けるの忘れたしー。。)

式がはじまり、私は親が座る指定席へ。周りは全員母親だし、私が座る。

サツキが呼ばれ、花道カーペットを通って証書を受け取り、私の前で将来の夢と親へのお礼を言う。

「大きくなったら、大学の先生になりたいです!」

ふむふむ、大きな声で、なかなか知的な夢を語ってくれた。卒園アルバムにかかれた将来の夢は「サンタさん」だったけど、もう一つあったんやね。
科目が決まっていないところがまた、ゆるくていいね。

で、


「お母さん、いつもおくりむかえしてくれてありがとう!」。


(えーーっ、あっ、あたりまえやん(。-_-。)!)
まぁ、いろいろ考えてこれになったんやろうなぁ。。つーか、これかよ。。


そして、サツキは式中、お別れが悲しくなったのか、グスングスンと泣く面もあり、もちろん私もハンカチ手放せず。

クラス30人が1つの文章をワンフレーズずつ大きな声で読んでいくメッセージなんかは、「この子達、本当に大きくなったわ」と親をうるうるさせる感動の場面。
後でサツキからは「あれは、前の子のセリフと、自分のセリフ覚えたらすぐできるねん」と言われ、ま、まぁねぇ〜と思ったけどね。

式の後は、保護者主催の茶話会。
1番仲の良かった女の子と隣席で、楽しむサツキ。ちなみにサツキは、友達と小学校が離れるので、引越ししたいそうな。
私にとっては、はじめて子供達と一緒に給食を食べる良い機会に。お決まりの大量のお菓子とジュース付きで。

最後は、園の先生達が踊りを披露してくれて、しまいには、部屋で大きな円になってまわりながら踊るというフィナーレ。楽しかった。


夜は希望者で卒園飲み会。6組の家族で、計27人。
はじめて喋る人やお父さん達もたくさんいたりして、なかなか楽しかった。最後にこんなけ盛り上がってどーする?と思いつつ、今後も地域が近いので、いつでも助け合いましょうということで、2次会は自宅提供してくれた方の家で。


今は一瞬で過ぎていく。

いつも慌ただしい日々を過ごしているけど、子供達と限りある時間をどう過ごしていきたいか、今一度見直さきゃなと思った次第です。


そしてサツキは今日は卒園記念でばあばの家にお泊りに行っている。